入江一子 Kazuko Irie

1916年 山口県出身 多感な少女時代を韓国・大邱(テグ)で過ごす

1928年 小学6年生のときに描いた静物画が昭和の御大典で天皇に奉納されるなど早くから才覚を顕す

1933年 女学校4年のとき朝鮮美術展の入選作「裏通り」がフランス総領事ドペールに買い上げられる

1938年 女子美術専門学校師範学科西洋画部(現・女子美術大学)卒業 

8回独立美術協会展入選 (「沼地風景」) 洋画家・林武画伯に師事

1947年 女流画家協会創立会員

1953年 女流画家協会賞 独立美術協会独立賞

1956年 女流画家協会賞

1957年 独立美術協会会員

1958年 個展(以後毎年、大阪・名古屋・山口・下関・広島・東京・神奈川ほか)

1960年 日米女流交歓展(リバーサイド美術館/ニューヨーク)出品

1962年 現代美術展出品(-1966年)

1963年 安井賞候補展出品(-1966年)

1964年 国際女流美術家クラブ展(パリ近代美術館)出品

1969年 東南アジア・ヨーロッパ・シルクロード写生旅行(以来30数ヵ国を訪問)

1974年 日米女流画家合同展(パシフィックアジア美術館/カリフォルニア州パサディナ)出品

1980年 現代女流美術展(上野の森美術館)現代女流画家展(高島屋)出品(-1999年)

1981年 作品集「シルクロードと花」出版記念展(銀座・東京セントラル絵画館)

1985年 作品集「シルクロードと花」出版記念展(銀座・東京セントラル絵画館)

1990年 作品集「シルクロードと花」出版記念展(銀座・東京セントラルアネックス)

1996年 『色彩自在/シルクロードを描きつづけて』出版記念展(渋谷・東急本店)

2000年 入江一子シルクロード記念館(東京・杉並区阿佐ヶ谷)オープン

2006年 日本の女流画家展(セーラムギャラリー/ニューヨーク)出品

2008年 日本の女流画家展(日本ギャラリー/ニューヨーク)出品

2009年 入江一子個展「シルクロード色彩自在」(日本ギャラリー/ニューヨーク)開催

2009年 ニューヨークにて個展を開催

2013年 大村智氏(2014年ノーベル賞、当時女子美理事長)より女子美栄誉賞を贈呈される

2015年 浜松市の秋野不矩美術館における特別展にて大反響を呼ぶ など

独立美術協会会員/女流画家協会委員

 

【著書】

『色彩自在/シルクロードを描きつづけて』(1996/三五館刊)

 

【作品収蔵】

山口県立美術館/山口県庁/山口放送/青梅市立美術館/女子美術大学/日本航空/韮崎大村美術館

 

【放送出演】

ジテレビ「テレビ美術館」

NHK「日曜美術館」

テレビ東京「私の美術館」

日本テレビ「美の世界」

NHK「アフガニスタンに平和を求めて」

ビデオ制作、ケーブルTV出演、区政施行70周年記念「杉並区ゆかりの文化人」 ほか多数出演

入江一子シルクロード記念館 http://iriekazuko.com/

 

Known as a Grande dame of Japanese painting and a member of the highest level of art associations,

 "Dokuritsu Bijyutsu Kyokai (Independent Art Association)" and "Jyoryu Gaka Kyokai (Paintress Association)".

 She has consistently aimed at backwoods of Silk Road area as her motif for over 30 years,

maintaining energetic creative activities. No other painting looks quite like her unique use of color.

 "Irie Kazuko Silk Road Museum" is open to public in Asagaya, Tokyo.