能島芳史 Yoshifumi Nojima

能島先生は、富山県生まれで金沢美術工芸大学卒業後、ベルギー王立美術大学にてフランドル技法を習得。オランダ、ベルギーの美術館などでボッシュ作の模写を行い、第19回富嶽ビエンナーレ展大賞受賞

経験あり。その後、日本各地で企画展を開催、また2016年にはかさぎ画廊主催のニューヨーク展でも出品。最近では富山県立近代美術館にて作品が収蔵されるなど今後の更なる活躍が期待される。

 

Nojima was born in Toyama, Japan and graduates Kanazawa College or Art. He acquired Flandre technique at school of Arts Gehnt, Belguim. He also officially traced Bosh's art at Belguim and Netherland musuem. He wins Fugaku Bienalle prize which is one of famous art contest of Japan in 2009. His exhibition was hold around Japan and Gallery Kasagi also exhibit his Art at New York in 2016. Currently his art was storaged at The Musuem of Modern Art, Toyama.

 

第19回富嶽ビエンナーレ展大賞受賞
第19回富嶽ビエンナーレ展大賞受賞

 

【能島芳史の略歴】

 

1948    富山市生まれ         
1971    金沢美術工芸大学卒業
1977~80    ベルギー王立ゲント美術大学留学、フランドル技法を修得     

2004    企画展 「ボッシュからの展開・能島芳史油彩画展」 (中ノ沢美術館/群馬)
2009    第19回富嶽ビエンナーレ展大賞受賞 (静岡県立美術館)
2012   「風蝕・能島芳史展」 (楽翠亭美術館展示室   蔵/富山)
2013    特別陳列 「15世紀フランドル絵画からの展開・能島芳史展」(石川県立美術館)
2014   「日本人8人展」 (STUDIO ARTギャラリー/ニューデリー)
2016   「ANOTHER  JAPAN 展」 (日本ギャラリー/ニューヨーク)
           「ふるさとの群星Vol.12 能島芳史展」 (富山県立近代美術館分館)
2018   「能島芳史展・宇宙船かぼちゃ号」 (三溪園・重文・旧燈明寺本堂/横浜)

日本美術家連盟会員、富山大学芸術文化学部非常勤講師