吉屋敬 Kay Yoshiya

【略歴】
神奈川県横浜市に生まれる
1965年  オランダ、ハーグ王立美術大学に留学(~1970年)
1973年  (故)ユリアナ女王の戴冠25周年で女王の肖像画を描く
1974年 オランダ、ベルギー、銀座和光などで個展。オランダ各地のアートフェアに招待出品
1989年  千葉県佐倉市にて「吉屋敬の夢現世界展」
2000年  日蘭交流400周年記念 アムステルフェーン市にて企画展
2001年  オランダ芸術家協会,日本人初の正会員
2009年  アムステルダム、ヘールフィンク美術館「吉屋敬ニュールネサンス展」 
2011年  オランダ、ドレンテにて東日本大震災支援イベント展企画・実行
2012年  ニューヨーク日本クラブ画廊にて個展

【著作】 「楡の木の下で」「オランダで思うこと」「母の秘蔵の絵」「ネーデルランド絵画を読む」「青空の憂鬱=ゴッホの足跡を巡る旅」等

 

 

[Profile]

Born in Yokohama, Kanagawa (Japan)
 1965‐70 Overseas education in Royal Academy of Fine Arts, The Hague (Netherlands)
 1973 A queen's portrait is drawn by Queen Juliana's 25th anniversary of a coronation
 1974‐ Exhibition in Netherlands, Belgium, Wako Ginza (Japan) etc. Exhibit in various Art fair in Netherlands
 1889 Exhibition in Sakura-si Chiba
 2000 Exhibition in Amstelveen / The 400th anniversary of Japan-Netherlands exchange
 2001 Become the first Japanese member of Netherlands Artists Academy
 2009 Exhibition in Museum Geelvinck (Amsterdam) "Kei Yosiya's New Renaissance"
 2011 Hold Charity event of East Japan Earthquake Disaster in Drenthe Netherlands
 2012 Exhibition in Nippon Club Culture Gallery New York
 She also published few books in Japan